Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
6/27の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、欧州通貨を中心に大きく動いたと言う印象です。
週の前半は上昇、後半にかけて下落に転じる展開でした。
EURUSDについてはまだトレンド転換したというほどではありませんが、GBPUSDは下降トレンドに転換しているようです。

これらの流れが、今週どのように動いていくのかに重点を置いて見ていくとよいでしょう。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・月曜日「個人支出」「個人所得」
・火曜日「リッチモンド連銀製造業指数」
・木曜日「シカゴ購買部協会景気指数」
・金曜日「ミシガン大学消費者態度指数」「ISM製造業景況指数」
などとなっています。

こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:58 | - | - |-
6/20の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、USD安後の調整と思える反転が続いたようです。
あくまでも調整というイメージであり、まだトレンド転換したというほどではありません。

また、欧州通貨の不安後退から週の後半には上昇して終わっています。
こちらもこのままトレンド転換となるのかは楽観視できませんが、各通貨ペア共に地合いの変化がありそうだという点はチェックしておくべきでしょう。

JPYについては週前半には調整イメージで円安方向に進みましたが、週後半には再び円高方向に振れています。

これらの流れが、今週どのように動いていくのかに重点を置いて見ていくとよいでしょう。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・火曜日「中古住宅販売件数」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「シカゴ連銀全米活動指数」「新築住宅販売件数」
・金曜日「耐久財受注」「GDP」
などとなっています。

こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・FOMC政策金利発表が行われる点
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 11:03 | - | - |-
6/13の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、USD安展開が続いた後、調整と思える反転がありました。
特に欧州通貨に対して大きな動きとなりました。
その欧州通貨も、債務問題が解決していない状態のため、このままトレンド転換となるのかは楽観視できません。

JPYについては円高方向に進み、1ドル80円を割る場面もありましたが、もみ合いレベルを脱していません。

これらの流れが、今週どのように動いていくのかに重点を置いて見ていくとよいでしょう。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・火曜日「生産者物価指数」「コア生産者物価指」「小売売上高」
・水曜日「消費者物価指数」「コア消費者物価指数」「ニューヨーク連銀製造業景気指数」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「建設許可件数」「住宅着工件数」「経常収支」
・金曜日「ミシガン大学消費者信頼感指数」
などとなっています。

こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:08 | - | - |-
6/6の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、週末の雇用統計の結果を受けたUSD安展開が印象的でした。
特に欧州通貨に対して大きな動きが感じられました。
その欧州通貨も、債務問題が解決していない状態のため、このままトレンド転換となるのかは楽観視できません。

JPYについては円高方向に進んだ1週間でしたが、未だトレンド転換するというレベルには達していません。

これらの流れが、今週どのように動いていくのかに重点を置いて見ていくとよいでしょう。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「貿易収支」
・金曜日「輸入物価指数」
などとなっています。
先週に比べると、大分少なくなっていますね。

こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 11:01 | - | - |-
5/30の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、欧州通貨に大きな動きが感じられました。
EURUSD、GBPUSD、USDCHFでは、週のはじめにこそ下落したものの、その後は反転。
その流れのまま週が終わっています。

ただ、GBPUSD、USDCHFの戻りに対して、EURUSDの戻りは小さくなっています。
これはずっと残ったままの欧州通貨への不安感から来るものだと思います。

JPYについてはレンジ相場から円高方向への転換が起こりつつあります。
ただし、まだトレンド転換するというレベルには達していません。

これらの流れが、今週どのように動いていくのかに重点を置いて見ていくとよいでしょう。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・火曜日「消費者信頼感指数」「シカゴ購買部協会景気指数」
・水曜日「ADP雇用統計」「ISM製造業景況指数」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「製造業新規受注」
・金曜日「失業率」「非農業部門雇用者数変化」「ISM非製造業景況指数」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・月曜日はアメリカ、イギリスが祝日
・G8サミット明けの展開
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:54 | - | - |-
5/23の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、方向感がなくなってきたような気がします。
どちらかと言えばUSD安傾向でしたが、トレンドが発生したというよりはレンジ相場と判断できます。

JPYについては円高方向からレンジ相場に変わりつつあり、今後どちらかの方向に大きく動くことが予想されます。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・火曜日「新築住宅販売件数」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「第1四半期GDP【改定値】/個人消費」
・金曜日「ミシガン大消費者信頼感指数」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・G8サミット開催
・来週アメリカ雇用統計の発表を控えている点
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安(ギリシャの債務問題など)
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 11:06 | - | - |-
5/16の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、USD買い傾向が継続しました。
それ以前のUSD安傾向を打ち消すレベルまで来ており、移動平均線もUSD買い傾向へと変化しつつあります。

JPYについては80円を割る場面もありましたが、もみ合いの状態となっています。
為替介入への警戒感もありますが、今後どちらかの方向に大きく動くことが予想されます。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「中古住宅販売件数」「フィラデルフィア連銀景況指数」「景気先行指数」
・金曜日「消費者物価指数」「小売売上高」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・米国の金融政策への思惑(5/18にFOMC議事録が公表)
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安(ギリシャのユーロ離脱関連の話題など)
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:29 | - | - |-
5/9の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、週の後半にかけてのUSD買い傾向が印象的でした。
これまでUSD安傾向が続いてきたため、調整と言う考え方もあるかもしれません。
しかし、短期、中期移動平均線を割り込んでいたり、向きが変わりつつある通貨ペアもあります。

JPYについては円高方向への動きが継続しており、一時80円を割る場面もありました。
為替介入への警戒感もあってそれほど大きな動きにはなっていませんが、この動きは今後も注意が必要でしょう。

今週はトレンド継続、レンジ相場入り、トレンド転換と言った相場の流れを見極める上で重要な週となりそうです。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「生産者物価指数」「小売売上高」
・金曜日「消費者物価指数」「ミシガン大消費者信頼感指数」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・米国の雇用統計発表明けとなる点
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安(ギリシャのユーロ離脱関連の話題など)
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 11:39 | - | - |-
5/2の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、USD安傾向が続きました。
多くの通貨ペアでトレンドが発生しているという、トレードには向いている展開となりました。

JPYについても円高方向への動きが加速し、トレンド転換と考えられますが、こちらは為替介入への警戒感もあってそれほど大きな動きにはなっていません。

今週もこのUSD全面安の流れが継続するのかが気になります。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・月曜日「ISM製造業景況指数」
・水曜日「ISM非製造業景況指数」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」
・金曜日「雇用統計」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・日本での災害を受けた動き
・為替介入への警戒感
・ECBの金融政策への思惑(ECB政策金利・トリシェ総裁会見)
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:52 | - | - |-
4/25の週の注目点
先週の為替相場を振り返ると、USD安傾向が続いたようです。
週の前半に調整と思われるような動きもありましたが、これまでのトレンドを変えるほどではありませんでした。
JPYについても、円高方向への動きが継続しました。

今週は世界的にイースター休暇明けとなり、市場参加者が増えてくるでしょう。
現在の通貨の強さは、EUR>USD>JPYと言う流れで変わっておらず、今週もその流れが継続するのかが気になります。

今週注目すべきアメリカの経済指標は
・月曜日「新築住宅販売件数」
・火曜日「消費者信頼感指数」
・水曜日「耐久財受注」「コア耐久財」
・木曜日「週間新規失業保険申請件数」「GDP」「個人消費」
・金曜日「個人支出」「個人所得」「ミシガン大学消費者信頼感指数」
などとなっています。
こう言った指標発表前後は、かなり大きな値動きが予想されます。
トレードスタイルに合わせて事前に決済をしておきましょう。
また、この時間帯のトレードを行うか、逆に安全策をとって静観するかの作戦も考えておきましょう。

経済指標以外で注目となるのが
・世界的にイースター休暇明け
・日本での災害を受けた動き
・ECBの金融政策への思惑(追加利上げへの期待)
・USD買い/売りの方向性
・金融市場のリスク許容度
・中東、北アフリカ情勢の展開
・ヨーロッパの財政・金融・信用不安
・ニューヨーク株式市場の動向
・中国の景気動向・金融政策
・金融当局者や要人による発言
などとなっています。

ドル、ユーロそして円の動きに注意するためにも、ニュースからは目は離さずにトレードに生かしましょう!
posted by: gaitame-fx01 | FX(外国為替証拠金取引)最新情報 | 10:42 | - | - |-